「もうひとりの自分」を生きるバーチャルエンタテイメントを